ポジティブになれる本

ポジティブになれる本をご紹介

ストレスなど、現代はネガティブになりやすい要因が数多く蔓延しています。そこでこの記事では、そんなネガティブマインドを払拭して、元気に、ポジティブになれるおすすめの書籍をいくつかご紹介していきます。

超ストレス解消法

超ストレス解消法は、そのタイトルが示すようにストレス解消に特化したメソッドを徹底的に紹介している異色の本です。手軽に試せるお手軽のストレス解消メソッドから本格的なものまで、とにかく盛りだくさんのストレス解消法が網羅されています。

ストレスに押しつぶされそうで悩んでいる人には必携の一冊と言えます。購入を検討してみてはいかがでしょうか。

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?は、平凡でつまらない人生を送るある男の物語であり、ストーリーテイストの本になっています。日常がつまらない、仕事がつまらない、将来に希望を見いだせないといった人におすすめの本です。文句なしの超ロングセラー作品であり、老若男女問わずおすすめできます。

仕事に満足していない現代人はおそらく多くいることでしょう。そんな人にこそおすすめなのがこの本です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

こちらはSNS発の書籍で、ストレス社会への適格な対処方法が説明されています。活字ではなく、漫画で描かれているのでそこまでボリューミーではありません。

タイトルにあるように、この本は過労死や過労自殺をテーマとした本です。辞職や転職を選ぶ前になぜ自殺を選んでしまうのか、その理由が的確に描かれています。

仕事で行き詰まってどうしようもない、今すぐにでも会社を辞めてしまいたい、職場の人間関係が最悪、と感じている人におすすめできる一冊です。考え方を転換することで、ポジティブに生きることが出来るようになります。

コミックエッセイ全般もおすすめできる

最近確立された書籍ジャンルである「コミックエッセイ」もおすすめです。著者の苦労話や笑える話を漫画テイストでまとめた本は、誰もが共感できるあるある話の宝庫であり、日常の疲れを癒してくれます。ポジティブになりたい人全般にお勧めできます。

また、コミックエッセイの著者の多くは、自身のSNSで作品を発表していることが多いです。著者のSNSアカウントをフォローすれば、お金をかけることなく著者の漫画を楽しむことが可能です。

ほかにも、お勧めの書籍は数多くあります。日常から離れて、本と向き合う時間は重要です。自身のお気に入りの一冊を探してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.