友人で悩んでいる人へ

友人がらみの悩みを抱えている人へ

友人というのはとても貴重な存在であり、お金などでは代替できないプライスレスな存在です。

一方、そんな友人がらみの悩みやストレスを抱えている人も少なくないと思います。新しい環境で友人ができない、友人がドライで冷たい、友人だと思っていたのに裏切られたなど、枚挙にいとまがありません。

そこでこの記事では、友人がらみの悩みを抱えている人向けに、どのような対策をとればいいか、どのようなマインドセットを持てばいいかなどをまとめ、解説しています。

インターネットを利用してもいい

現代はとても便利な時代であり、インターネットを介して友人関係を構築することもできます。趣味や好みなどで繋がりを持つことが可能で、オフ会でリアルな関係を構築することもできます。

ひと昔前であれば、インターネットから関係を作ることはとてもリスキーであり、好まれる行動ではありませんでした。しかし今では、マッチング系のSNSをはじめとして、多くのツールが利用できます。

職場や学校での友人関係の構築に苦戦しているのであれば、このような文明の利器を利用してもいいでしょう。

環境を選べるような工夫をする

社風、校風と言うのはコミュニティで大きく異なります。今自分が所属している集団が自分にとってベストなものかどうかというのは不明であり、より良い集団がある可能性は十分あります。

そこで重要となってくるのは、「自身が環境を選べるように工夫をする」ということです。例えば、派遣社員という働き方を選択すれば、派遣先の社風を選り好みしてベストな職場を選択することができますし、交換留学が盛んな学校に入学すれば学びの環境を自分で選ぶことが出来るようになります。

友人の量ではなく、質にフォーカスする

友人の数が少ないことに引け目を感じている人も数多くいますが、そうではなく、質にフォーカスするといいでしょう。数十年来の付き合いがある友人を数人持つだけで、数で代替できないプライスレスな体験を創出することが出来るようになります。

また、関係性の濃い友人を持てば、お互いに何か事故や不慮のできごとが生じたとしても、お互いに助け合うことが可能です。これは、量を追求した、関係性の浅い友人関係では不可能なことです。

さいごに

いかがでしょうか。友人関係で悩みを抱えている、友達を作りたいけどできないという方向けに、アドバイスをいくつかまとめてみました。

今回紹介したアドバイスはあくまでも一例です。ぜひ、自分自身にとってベストな友人関係の構築方法を確立して、豊かな人生を構築してみてください。

Comments are closed.