家族に悩まされている人へ

家族関係、親類関係、親族に関連する悩みは多いもの

家族は、人間関係の中でも唯一、一生ついて回る関係です。絶縁や勘当などの極端な例を除けば、夫婦関係や親子関係というものは一生継続します。

だからこそ、この家族や親類との関係に起因する悩みやトラブルは数知れません。虐待や一家心中など、極端な事故に発展するケースも少なくなく、家族関係の問題は優先的に対処すべき最重要課題であるといえそうです。

そこでこの記事では、家族をはじめとする親類との関係性に悩んでいる人向けに、どうすれば関係性を改善できるか、何を意識すればいいかなどについてまとめています。

幼少期や思春期の時にはある程度の距離感も重要

おそらく、家族関係の中でも親子関係が一番難しいのではないでしょうか。子どもはまだ成長途上であり精神的に未発達なので、良好な人間関係を構築することに人一倍苦労します。

ですが、ここで無理して関係性を構築しようとする必要はありません。遅かれ早かれ子どもも成長し、こちらが諭さずとも関係性は良好になっていきます。

子どもの時期に無理して関係を構築しようとはせずに、ある程度の距離感を持って接することも重要となってきます。難しいかもしれませんが、とても重要です。

親類こそ距離を置くべき

寝食を共にしない、比較的血縁の遠い親類こそ、適度な距離感をキープするべきです。良識に欠ける親類の場合、自身のプライベートにかかわる部分をずけずけと聞いて回るような人も多く、精神的にかなり消耗します。

そのような事態を避けるためにも、親類とのつきあいは最小限にとどめておきましょう。

最後の手段だが、絶縁も視野に入れておくべき

冒頭で説明したように、絶縁などの手段を用いれば、たとえ血のつながりがある家族でも、関係を切ることが出来ます。最後の手段ですが、視野に入れておくといいでしょう。

行き過ぎた教育や虐待、DVなどに苦しんでいるのであれば、児童相談所やコールセンターに相談するといいでしょう。職員が対応し、場合によっては絶縁の手続きも代行してくれます。

また、DVは親子関係のみならず、夫婦関係でも発生します。パートナーの暴力に苦しめられているのであれば、迷うことなく警察に連絡して、対応してもらいましょう。民事裁判などで争う形になったとしても、明らかに相手側に非があるのであれば、慰謝料を請求することが出来ます。

いかがでしょうか。今回の記事では、家族関係、親類関係でトラブルに巻き込まれたときなどに気を付けたいポイントをまとめてみました。苦しんでいる人の参考になれば、幸いでございます。

Comments are closed.